« うつわのはなし5 郡司庸久さん・慶子さんのお皿 | トップページ | 今日のごはん7 麻婆豆腐 »

2011年4月 3日 (日)

ルゥーシー・リィーさん

今日は、もぐら工務店の本の中で唯一、
いつもリビングに飾ってあるとっておきの1冊をご紹介します。

20年前、日本ではじめて開催された 「 ルゥーシー・リィー展 」の図録を
三宅一生さん監修のもと復刻させた写真集です。

Lucie1

少し ルゥーシー・リィーさんをご紹介しましょう。

ルーシーさんは、20世紀を代表する陶芸家のひとり。

ウィーンに生まれ、戦争中の亡命によってイギリス人として半生を生きた彼女は、70年近く創作活動をおこないました。


Lucie2

イギリスへ移ってきた初めの頃は、巨匠バーナード・リーチの工房にいたこともあり、
リーチさんからも多くの刺激をうけたそうです。

ふたりが一緒の工房にいるなんて、それだけでもすごいですよね。


その後、ハンス・コパーと出会い、ふたりは長い間、
パートナーとしてたくさんの作品をつくったそうです。

すてきな出会いです。

Lucie3

ルーシーさんの陶器は、きれいな釉薬が特長で、
シンプルな形がその魅力をひきたてます。

ターコイズブルーや淡いピンク色が、今見ても新しく、心底ステキです。


Lucie5_2
こちらのちらしは、昨年から開催されている、ルーシーさんの巡回展のもの。

私たちも 昨年の夏、益子陶芸美術館へ行ってきました。
今も心に残る展示です。

いつかわが社にも1点ほしいな。切に願います。

Lucie4
さいごに

ルーシーさんご自身の写真です。かわいい方ですね。

おうちや工房には親しい方が訪れることも多く、工房に泊り客があふれることもあったそうです。やさしい雰囲気からもつたわりますね。



↓ 表紙を見るだけでもぐっとくるルーシーさんの作品。

ルゥーシー・リィー 現代イギリス陶芸家



うつわ


Lucie Rie ルーシー・リーの陶磁器たち





↓わが社の今日のランキングです。

皆様のクリックが日々の励みになります。

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ 

みんなで日本を盛り上げましょう!

|

« うつわのはなし5 郡司庸久さん・慶子さんのお皿 | トップページ | 今日のごはん7 麻婆豆腐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1450022/39471140

この記事へのトラックバック一覧です: ルゥーシー・リィーさん:

« うつわのはなし5 郡司庸久さん・慶子さんのお皿 | トップページ | 今日のごはん7 麻婆豆腐 »