« 暮らしの道具展-日野明子さんの仕事-@starnet | トップページ | お正月の料理 »

2012年1月10日 (火)

暮らしの道具展で買ったもの

前回ご紹介した、「暮らしの道具展 -日野明子さんの仕事 -」@starnet



美しい道具たちの中から、もぐら工務店が選んだものをご紹介します。


12010501_2

まずは、鉄器の鍋敷き。

これのよいところは、脚がついておりテーブル面と鍋がひっつかないこと。
鍋の熱がテーブル面に伝わりにくいので、天板が痛みません。
(脚にはゴムがついているので滑りにくくなっています)

いろんな形がありましたが、うちが選んだのは
バカボンに出てくる本官の目玉っぽい、コレにしました。
丸っこくてかわいい。

12010502_2

次は、埼玉の中村金網さんのステンレス製ざる。

ゆでた野菜や麺をサッと湯切りするのにもってこいです。

取っ手が持ちやすく、長めになっているのでお湯が手に
かかる心配もありません。


うちはステンレスやアルミの調理器具が多いので、見た目的にも
グッときました。外見も大事です。

12010504_3

こちらは宮島工芸製作所さんの木べら。
テフロン加工の鍋など、キズつけたくない鍋のときに活躍します。

持ち手の微妙なアール加工が、とても握りやすい。

小さいものや、しゃもじなんかもありましたが、炒め物なども
ガンガンいけそうなこの大きめサイズにしました。

12010503_2


これは金属加工で有名な、新潟県燕市の和田助製作所さんの
ステンレスケース。


スパイスなんかを入れる容器でしょうか?

うちでの使い道は・・未定ですが、
おそらくなると会長のアクセサリー入れになることでしょう。

12010505_2


どれもほぼ1000円台というリーズナブルさも、
暮らしの道具を買う側にとってはうれしいですね。


デザインされすぎているわけではなく、
素材感や使い勝手がそのまま意匠に現れているような。

手に馴染む感覚も、使い手にとっては必要なことですよね。


「消費者から愛用者へ」


日野明子さんが影響を受けた、秋岡芳夫氏のこの言葉が
現れているような道具たちです。





↓もぐら工務店の今日のランキングです。
皆様のクリックが日々の励みになりますのでポチッとしていただけると嬉しゅうございます!

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ <<クリックー



ちなみにtwitterもやってますー フォローミー


|

« 暮らしの道具展-日野明子さんの仕事-@starnet | トップページ | お正月の料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1450022/43691175

この記事へのトラックバック一覧です: 暮らしの道具展で買ったもの:

« 暮らしの道具展-日野明子さんの仕事-@starnet | トップページ | お正月の料理 »