« もぐらの裁縫DIY〜雑貨バッグ編〜 | トップページ | 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 »

2013年7月23日 (火)

はじめてのオートキャンプ [西丹沢ウェルキャンプ]

ひさしぶりの更新になってしまいました。すっかり夏ですね。

その間、実は、もぐらはキャンプにはまっていました。


数ヶ月前に車を買ってからというもの
みよし(愛犬)とBBQやらキャンプやらアウトドアにいきたいーw(゚o゚)w
という夢が強く芽生え。

さっそくツールをセカセカ集め、
やっとのオートキャンプにこぎつけたのでした。


と、いうことで今日は初オートキャンプのおはなしです。



13072301


場所は、神奈川県の西丹沢にある「ウェルキャンプ」。

ウェルキャンプは広い敷地の中にたくさんのサイトがあるのですが、
もぐら工務店がえらんだのは川沿いのオートキャンプ場デス。

信じられないくらいスズシイー!



13072301_01


さっそく、指定の位置に車を停車して、1夜限りの家づくりをはじめます。



13072302


と、言いつつも、初キャンプながら、モノノ10分で完成!

ブショウなわれわれは
「テントはるのめんどくさいー」という意見で一致。
日よけ用にタープを立てるだけの超簡単アウトドアにしたので
一瞬にして出来上がります。(寝床は車の中)


しかし、ここで重要なのが、タープの向きとタープ下の家具レイアウト。

キャンプって、やっぱり家づくり通ずるものなのですね。
快適に過ごすためのレイアウトの検証は、
このあと永遠に続き、あーでもない、こーでもないとずっと言ってました(゚ー゚)

奥深い…。



13072303


もちろん、みよしの家もクマちゃん付きで本家からそっくりそのまま移動し、



13072304_2


みよし専用のイスも準備しましたヨ。



13072305


そうそう。1泊2日ともなると、3食以上その場でごはんを食べます。

ともなると、炭から火をおこすのか、コンロにするのか
「火」の選択は、快適さを左右する重要なポイントになりますね。


われわれは、またも
「炭で火をおこすのも、なかなか大変よねー」
というブショウモノ発言が再び飛び交い・・・

悩んだあげく、コールマンの二口コンロに決めたのですが、
これは、かなり便利でした(゚ー゚)


みよしは・・・と言うと


13072310


はじめての川に勢いよくはいっていってパシャパシャしたり



13072307_2


キャンプ場の重鎮ネコ様を見つけ、



13072308


遊んでほしいと無防備に近づくも、



13072309

強烈な猫背「シャー!!」をくらい、しっぽまいて逃げたりと
とっても楽しそうでした┐(´-`)┌



初キャンプを終え思うのは、

突然ハマってはじめたけれど、
こりゃもっとハマるなということ、かなりたのしいです。

アウトドアツールはどれもこれもおシャレだし、
もっと快適に過ごせるようになる裏技みたいなのがいっぱいあって、
いろんな意味でキャンプってすごいです。





ちなみに、これからキャンプをはじめる方には
この本すごくオススメ。
キャンプの秘訣だらけで夢もひろがります。
もぐらのキャンプもこんな風に楽しんでいけると良いなとおもってます。



以上、初のオートキャンプ話でした!

次回は、富士山のふもと朝霧ジャンボリーでのキャンプのお話です。
ハマりすぎて2週間後、再びキャンプへいきました。(ハマりやすい体質です)



↓もぐら工務店の今日のランキングです。
皆様のクリックが日々の励みになります。ポチッとしていただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ <<クリックー



↓みよしブログ、facebook、twitterもあります。

もぐら工務店のみよし  facebook  twitter

|

« もぐらの裁縫DIY〜雑貨バッグ編〜 | トップページ | 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1450022/52570834

この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのオートキャンプ [西丹沢ウェルキャンプ]:

« もぐらの裁縫DIY〜雑貨バッグ編〜 | トップページ | 朝霧ジャンボリーオートキャンプ場 »